失業保険受給中もバイトはOK!減額なしで祝い金も貰う方法

お祝い金

失業保険受給中のアルバイトは週20時間まで

失業保険受給中のあなた、失業中にアルバイトをすると失業手当が減額されたりしないか心配していませんか?

確かにアルバイトをしたらハローワークにその旨伝えなければならず、バイトで稼いだお金は手当から減額されます。

 

しかし、その月の失業手当からバイトで稼いだ分が差し引かれるだけで、実際は失業保険の受給期間が終わった後にまとめて支払われるようになっています。

ですので、むしろアルバイトはした方がお得になります。

 

ただし、失業保険受給中のアルバイトは週20時間以内に収めなければなりません。

それは、週20時間を超えると雇用保険に加入しなければならないため、たとえバイトでも就職したとみなされて手当がストップしてしまうからです。

 

アルバイトしたことを黙っているとバレる?

アルバイトしたことをハローワークに申告せずに失業手当を貰うのは不正受給になります。

バレない方法を書いているサイトもありますが、あとでトラブルにならないためにもバイトしたことは申告しておきましょう。

 

バイトで稼いだ分は後で支払われるので損しませんし、お金に余裕のない人はアルバイトよりも再就職することを優先すべきです。

なおアルバイトをする際は、なるべく時給の高いお仕事を選ぶことをおすすめします。

 

アルバイトは祝い金がもらえるサイトから応募しよう

ところであなたは、全く同じ内容の求人でも採用が決まると「お祝い金」がもらえる求人サイトが増えているのをご存知ですか?

ネットの求人サイトで探している人も、ただ普通に応募しようとしていたらかなり損している可能性がありますよ!

 

たとえば「アルバイトEX」という求人サイトでは、バイトルやイーアイデムといった有名な求人サイトに掲載されている求人が一括で検索できます。

アルバイトEX

お祝い金がもらえる求人サイト【アルバイトEX】

しかも、アルバイトEXからそれらの求人に応募して採用が決定するともれなく3万円の祝い金がもらえるんです。

もし、「バイトル」や「イーアイデム」といった求人サイトを利用するなら、アルバイトEXから応募すれば3万円は確実にもらえるので断然お得です!

 

※たとえば「バイトル」で見つけた求人に応募する場合、

×直接バイトルから応募して採用決定 → 何も無し…
◎アルバイトEXを経由してバイトル掲載の求人に応募し採用決定 → 3万円の祝い金Get!

 

もちろんアルバイトに限らず、正社員や派遣などの仕事もこちらで探せますよ☆

 

なぜ祝い金がもらえるのか?

祝い金

祝い金は採用された企業から出るのではなく、応募した求人サイトから出ます。

祝い金は、これから新しくお仕事を始める人への求人サイトからのプレゼントということですが、その費用は求人を掲載する企業から求人サイトへ支払われる広告費から賄われています。

 

簡単に説明すると、タウンワークなどの有名な求人サイトは求人情報を掲載するために募集先企業の取材や写真撮影、原稿作成、テレビCMや雑誌広告にも莫大な費用をかけています。

しかし祝い金付求人サイトでは、原稿や写真の準備は原則として募集先企業側が行う仕組みをとっているため、取材や原稿作成にかかる費用を抑えることができるんです。

 

また、ネットや口コミを通してしか宣伝しないので知名度は低いですが、その分広告費もかかりません。

つまりその浮いた広告費用を「祝い金」として、仕事が決まった人に還元しているという仕組みです。

 

アルバイトEXならダブルでお得!

3万円の祝い金がもらえるアルバイトEXは、「バイトル」や「イーアイデム」といった大手求人サイトを含めた20社程度の求人サイトと提携しています。

アルバイトEXパートナーズサイト

しかも、アルバイトEXに掲載中で独自の祝い金制度があるバイトークやマッハバイト などの求人に応募して採用されると、ダブルで祝い金がもらえてしまいます!

 

つまり、アルバイトEXを経由して

バイトーク(祝い金最大6万円)の求人に応募して採用されると

アルバイトEXから3万円 + バイトークから6万円 = (最大)9万円

 

マッハバイト(祝い金最大1万円)の求人に応募して採用されると

アルバイトEXから3万円 + マッハバイトから1万円 = (最大)4万円

 

の祝い金がもらえるということです。

 

アルバイトEXでは時々、祝い金が抽選で増額されるキャンペーンをしていたりするので、もし当選したら10万円以上GETできる可能性がありますよ☆

 

お祝い金の申請について

雇用契約書

アルバイトEXから応募して採用が決定した場合、あとで祝い金の申請をする必要があります。

アルバイトEXの場合、申請ができるのは応募完了から6ヶ月後となっていますので、お忘れ・お間違えのないようご注意ください。

 

【アルバイトEXへの申請方法】

申請時期 : 応募完了から6ヶ月後、2週間
必要書類 : 雇用契約書と給与明細
振込予定 : 申請内容確認から60日以内
利用回数 : ひとり1回まで

 

短期アルバイトだと6ヶ月働くことはないと思いますが、証明書類があれば申請時に採用された職場で働いていなくても大丈夫です!

ただし利用できるのはひとり1回までとなっているので、何度もアルバイトEXを利用して祝い金をもらうことはできません。

 

まとめ

失業保険の受給手続きをしてもすぐに手当はもらえませんし、失業中のアルバイトは禁止ではありません。

アルバイトをする際は、週20時間を超えない短期・単発のアルバイトを選びましょう。

 

失業中は少しでもお金がもらえると助かるもの、もしいま検討中の案件があるのでしたら一度アルバイトEXでも検索してみることをおすすめします。

アルバイトEXの中にも同じ求人が掲載されている可能性があるので、どうせなら祝い金がもらえるアルバイトEXを経由したほうがお得ですよ☆

 

これから求人に応募する際は、採用決定でお祝い金がもらえるサイトを利用してみてはいかがでしょうか?

 

お祝い金は、アルバイトEXに会員登録してから応募しないと支払いの対象にならないので、くれぐれもご注意ください。

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。

 

↓ アルバイトEXで求人を探してみる

タイトルとURLをコピーしました