新卒で入社失敗!焦って就職すると必ず後悔する

入社を後悔する男性

入ってはいけない会社とは?

私はこれまでに何度か失業生活を送りました。

長引く不況の影響で、不本意な会社にやむなく入ったという方も多いかと思いますが、私もその中の1人です。

そこで、新卒で焦って入社して失敗した会社とその後の経験談をまとめてみようと思います。

 

入る会社を間違えるとこうなる

新卒で初の就職活動、当時の私はこれといって特にやりたい事も見つからず、そんな状態ではどこの会社を受けても落ちるばかり…

そんな私でも、自分を歓迎してくれる田舎のとあるホームセンターから内定がもらえたので、就職活動に嫌気がさしていた私は深く考えずに入社を決めてしまいました。

 

そして卒業後、期待を込めて社会人としての第一歩を踏み出したのですが、正直すべてにおいて裏切られました(^_^;)

 

たとえば…

*会社のありとあらゆる備品がほとんど骨董品。(とにかく古い!)

*FAX一つ送るにも10倍時間がかかる。(とにかくイライラする!)

*何万点もの商品を扱い、どんどん大型店舗を出店させているにもかかわらず、今だにレジがPOS化されておらず全て手打ち。(ミスや不正が続発!)

*パート・アルバイトさんが続かない。(そりゃ、誰だって辞めたくなります!)

*同業者と比べても無駄な手間や時間がかかる上に従業員が少なすぎて、トイレに行く暇もないほどとにかくせわしい。(すぐにお客につかまる!)

*給料も決して高くないのにパートも含め全員、年間約10~20万円ほど欲しくもない品物を強制的に買わされる。(この時期は皆いっそう、顔が暗い!)

*改善の要望、意見は上層部に行く前に却下されている。(永久に直らない!)

などなど言い出したらキリがないのですが、とにかく古臭い昭和の香りがする、時代に取り残されたワンマン経営な会社だったんです。

ワンマン経営の会社

なるべく無駄なお金をかけずに儲けたいのは分かりますが・・・何かが間違っていました。

 

同期がどんどん消える…

そして、入社時にはやる気に満ちていた他店舗の同期達も、この現状に見切りをつけて次々と去っていきました。

自社の社員が育たず、成長もしない会社ってこんな感じでしょうか(?)

 

入ってよかった事といえば試供品がもらえたことと、自然に痩せたことぐらいでした。

販売職なら入社を決断する前にあらかじめ、各店舗の様子などをしっかり観察しておくべきだったと痛感しましたね(>_<)

 

それでも2年半なんとか頑張りましたが風通しは悪く、それがこの会社の体質のようで改善される様子も全く感じられず…

とにかく毎日ストレスが溜まる一方なので、悩んだ末とうとう辞めることを決意しました。

 

ちなみに辞めたいと言いながらなかなか決断できず、その後も頑張っている当時の同僚によれば、あれから大分たった今も基本的に変わっていないそうです(^_^;)

 

親族経営の会社も注意!

もう販売はやりたくなかったので転職しようと思いましたが、これといった求人は無く、しかも一人暮らしでお金がそうそう続くはずもなく、適当に入社した所は親族経営の会社でした。

 

給与は以前より下がってしまいますが、興味のある仕事で雰囲気もアットホームな感じ、経営もまあまあ順調のようなので妥協して決めたのですが、アットホーム過ぎました(笑)

 

いざ入ってみれば…

*会社規約などは一切存在しない。(なにそれ?)

*社員といえども課長以下は全員、時給扱い。(もちろん有給なんてあるわけもなく)

*残業代は出るが、なんと50円増しで片付けている。(法律もなんのその)

*朝掃除をしようとしたら、カウンターに他人の給与明細の紙や求人に応募してきた人の履歴書が無造作に置かれていた。(あの、個人情報丸見えなんですけど・・・)

*ある日同僚が朝パソコンを立ち上げたら、いきなり従業員の給与管理の明細画面があらわれたらしい。(どうしようか迷ったが、やっぱり見たいと言う欲望は抑え切れなかったそうな…)

*計画性のない事業拡大ばかりでとことん振り回され、混乱状態に。事前調査も甘すぎ!(良かれと思って提携した企業が3ヶ月で倒産、逃げられた事も。ちょっと調べれば予測できたのに、おかげで経営はますます火の車、従業員にもしわ寄せが!)

 

おまけにしばらくすると、たまに会社に顔を出していた社長の娘さんが就職先が決まらないからという理由で、いつの間にか社内に居座るように…

これがさらなる悪夢のはじまりだとは、最初は誰も思っていませんでした。

 

身内だらけの会社の罠

突然やってきた娘さんは、社内の雰囲気にそぐわない派手な格好で年齢の割には言動も幼稚、しかもとんでもなく上から目線で常識知らず…

確かにこれでは就職先が決まらないのも無理はありません(笑)

 

一応、社長の娘さんということで皆気を遣っていたのですが、たいして仕事もしていないのに次第に自分も経営者気取りで偉そうに振舞うようになり、かなり居心地が悪くなりました。

落ち込む会社員たち

まるで漫画かドラマに出てくる人物みたいですが、実際こういう人っているんですよね…

 

そして計画性のない無謀な事業拡大を続けたせいで経営が厳しくなってくると、余計な仕事が増えて従業員の負担が大きくなりました。

そんな残業せざるを得ない激務の現場も知らないくせに、いつまでやってんの?(怒)と娘さんがトコトコ偵察にやって来るんです。

 

帰りたくても明日にまわせない仕事のため、残業の日々が続くと今度は「早く帰れ帰れ!」と言わんばかりに勝手に我々のタイムカードを押すようになり…

人には厳しいわりに、自分は適当に理由をつけてのほほんと遅刻を繰り返す…

こんなワガママで自分勝手な娘に従業員一同、ストレスは爆発寸前でした(+_+;)

 

レベルの低い会社に長居は無用

皆まじめな人ばかりで、毎日早朝から夜遅くまで会社のために奴隷のように働いているのに、だんだんひどくなるセコイやり方に耐え切れず公的機関に訴える人も出始めました。

そして、会社は何度となく労働基準監督署から指導を受けていました。

労働基準監督署

そのおかげで会社規約もでき、残業代も法律で決まっている支給額に改められたのでやれやれと思っていましたが、なんとその分、基本給が勝手に引き下げられていました(~_~;)

 

こんな調子で、一週おきに新しい人が入っては辞めの繰り返し…

私もこんな会社にいることが情けなくなり、しかし辞めたくてもまた無職になるのが怖くてなかなか決心がつかず、3年以上もズルズルしてしまいました。

 

自分の将来のためにもこれは何とかしなければと日々悩んでいましたが、ようやくスクールでもう一度勉強し直すことを決心し、思い切ってスパッと辞めることが出来ました。

辞表を叩きつける男性

しかしこういった会社に共通しているのは、入社早々から先輩に「何でわざわざこんなとこに入ってきたの?」って気の毒そうに言われることです。

取引先の営業の方にも言われたことがありました。

 

同情で言ったのでしょうが、一応こちらはそれなりに希望を持って入社してきているわけですから、いきなり労働意欲を失うような事は言わないで欲しかったなあと思いました。

 

会社の内部事情なんていずれ分かることですし、人によっては現状で満足している場合もありますからね。

どうせなら、入る前に教えてほしかったですが…

 

事前に企業口コミサイトで調べよう

このように入社後に後悔しないために、就活前にまず「企業口コミサイト」で企業イメージをつかんでおくことをおすすめします。

たとえば、有名な口コミサイトに「キャリコネ」があります。

 

キャリコネ

■企業口コミサイト「キャリコネ」

キャリコネには、全国の会社の現役社員や元社員から投稿された口コミが蓄積されています。

年収、給与明細、キャリアプラン、内部の人間にしかわからないような職場の環境、面接質疑応答内容から退職理由まで項目ごとに掲載されているので、就・転職活動の際は非常に参考になりますよ。

 

投稿内容はすべて運営者の厳しい審査に通ったものばかりなので、2chにあるような情報より真面目で信用度も高いです。

私がこの記事に書いた会社にいた時代は、口コミサイトがまだなかったのが残念です…

 

転職前に企業口コミサイトの生の声から情報収集しよう

 

まとめ

新卒で初めて就職活動をするときは、自分を快く受け入れてくれる会社に心が傾きがちです。

しかし、何も知らない新卒者を大量に新規採用してカバーする離職者の多い会社だという可能性も否定できません。

 

働き方改革は進んでいるものの、新卒者でないと正社員で入社できない傾向はまだなくなったわけではありません。

もしこれから就職活動をする新卒者の方は受ける企業、入社する企業を間違えないようにしてくださいね。

 

(関連記事)

応募先はブラック企業かも?注意が必要な求人の見分け方

求人の応募先から返信がない裏事情と対処法

タイトルとURLをコピーしました