このサイトについて

大企業への新卒入社を目指して就活をしている学生の中には、数十社、あるいは百社を超えてもお祈り(いわゆる不採用通知の最後の決まり文句)されつづける者もいます。

そしてとりあえずどこでもいいから就職しようとしたり、就職浪人したくないからわざと留年しようとしたり、フリーターになる人を生み出しています。

新卒という肩書きのためだけに留年すれば学費も余分にかかりますし、卒業してやりたくない仕事に就いても続きませんし、フリーターになるとなかなか抜け出せなくなります。

とにかく新卒で大企業に正社員で就職できなかったら未来がないという現状を生み出している今の社会が残念です。

学校を卒業してしまえば学生という肩書きもなくなりただの「無職」ですし、それくらいならとにかく仕事を選ばす適当に就職するのも悪いことではありません。

しかしそれが本当にやりたい仕事でなかったらいずれ限界が来ますし、無計画に辞めると職を転々としてしまう危険性があります。

というのも、中途採用は即戦力の実務経験者を求められることが多いからです。

つまり社会人経験があっても実務経験がないと採用してもらえなかったり、また経験豊富でも年齢や性別で弾かれてしまう残酷な現実もあります。

確かに実務未経験で、しかもある程度の年齢になった人は扱いづらいのはわかります。

しかしこれだけ就職難民を出し、一度や二度の転職も当たり前になっている時代に、新卒者にしか門戸を開放しないというのはいかがなものかと思います。

不況で職を失った人、新卒での就職に失敗しフリーターにならざるを得なかった人たちの中にも優秀な人材はたくさんいます。

新卒の一斉採用・教育制度があるのなら、年齢・経験不問での中途採用も年に1~2回は新卒採用並みに実施してもらいたいものです。

特に近年は、リタイアする年齢になってもまだまだ元気なので、定年後も延長して会社で現役で働き続ける人が見受けられます。

しかしこういった人が増えると、仕事を求めている若い人の雇用を奪うのではないかと言われています。

こんな場合は、第一線は退いてもらって中途採用者の教育係として活躍してもらうようにすれば、未経験者の中途採用制度の充実にも繋がるのではないかと思います。

つまり不況という空白期間に大量に生み出された、

■希望してもまともな職に就けなった人々
■低収入で結婚もあきらめてしまった非正規雇用のワーキングプア

など、これからの世代が無情に年齢を重ねるだけで育っていないことの責任を取ってほしいということです。

バブル景気の頃とまでいかなくても、日本が一日も早く経済の活気を取り戻し、このサイトが「こんな不遇の時代もあったね」と懐かしむ内容になるのが私の望みです。