ネットで求人に応募したのに連絡が来ない…を避ける方法

求人が見つかった男性

求人に応募しても連絡が来ない理由とは?

ネットの求人サイトでお仕事探しをされているあなた、求人に応募したのに何の連絡も来ないといった経験をしたことはありませんか?

応募後に連絡が来ない理由としては、単純に求人企業側の怠慢である場合もありますが、実はそれはすでに募集が締め切られている求人だからかもしれません。

一般的に求人サイトに出ている求人は、たとえ募集を締め切ったとしても掲載期間が終了するまでサイトから削除されません。

つまり、締め切った後に応募してきた人には、その都度断りの連絡を入れるのが面倒なので、放置している可能性が高いということです。

応募者を放置する採用担当者

特に条件の良い求人であるほど応募者も多くなるので、掲載初日に応募者数が充分に集まってしまうこともよくあります。

ただし先の応募者が辞退したり、採用した人が早々に辞めてしまったなど、タイミングによっては掲載終了間際の応募でも受け付ける場合もあるかもしれません。

しかし、せっかく見つけた求人がまだ募集しているのかわからないというのは、応募する側にとっては非常に不便ですよね(^_^;)

そんな求職者の不安、不満を解消した求人サイトが「ワークゲート」です☆

ワークゲートの特徴

求人サイトワークゲート

求人サイト「ワークゲート」は、求人企業側が求人情報をいつでも募集停止・再開できるシステムなので、すでに募集終了している求人が掲載されることはありません。

つまり、ワークゲートには実際に募集中の求人情報しか掲載されないので、応募後の展開がスムーズに進む期待ができるというわけです。

しかもワークゲートには正社員から派遣、アルバイトまでの全国の求人情報が常に10万件以上も掲載されているので、自分の希望に合ったお仕事が見つかりやすいのも特徴です。

スカウトサービスも利用できる!

ワークゲートスカウトサービス

ワークゲートは、リクナビNEXTなどの大手転職サイトのようにスカウトサービスを利用することもできます。

スカウトとは、自分のスキルや経験を記入したWEB履歴書を「匿名」で公開し、その履歴書を見て興味を持った企業からのアプローチを待つサービスです。

スカウトサービスの利点は、自分が予想もしていなかった企業から応募の誘いが来たり、自分が見逃していた求人を知る事ができることです。

また、スカウトが来た企業の求人は採用される確率が高くなるので、興味を持ったら積極的に応募しましょう!

求人情報は大きく分けて3種類!

ワークゲートに掲載されている求人情報は、

正社員(転職)系
正社員、契約社員、人材紹介会社による正社員求人、業務委託(委託先勤務)
バイト系
短期アルバイト、レギュラーアルバイト、雇用契約ではない業務委託(在宅・SOHO)
派遣系
派遣社員、紹介予定派遣(直接雇用前提)

に分けて掲載されています。

10万件以上の求人情報の中から、自分の希望や都合に合った雇用形態のお仕事が探せますので、求人探しはこちらのサイトひとつで済んでしまう可能性もありますね!

就職・転職活動に関するコンテンツもばっちり!

これから求職活動をするときに知っておきたい「ルール・マナー・コツ」なども、応募する雇用形態別に分けて解説されています。

こういったルール、マナー、コツを知らずに応募している人は意外と多いので、合格率を上げるためにも事前にチェックしておくことをおすすめします☆

【主なコンテンツ内容】

■履歴書の書き方
転職・正社員編、派遣社員編、アルバイト編
■志望動機の考え方
転職・正社員編、派遣社員編、アルバイト編
■転職・退職時の手続きの仕方
事務手続きに関する注意事項など
■就職活動・転職活動の用語集
会社説明や集団面接など、転職活動中によく使われる用語の説明

求人サイトの基本機能も充実!

ワークゲート会員機能

ワークゲートには「履歴書保存」「応募履歴」「検討中フォルダ」「メールマガジン」といった、求人サイトの基本的な機能もきちんとついています。

これらのサービスは会員登録後に利用可能となりますので、まずは登録して履歴書を作成保存しておくと素早く応募することができますよ☆

またスカウトサービスを利用する場合は、作成した履歴書を公開設定にしておきましょう!

なお、メールマガジンは希望条件を登録しておくと週に3回、条件に合った求人情報がメールで届きます。

まとめ

私もこれまで求人サイトから応募してもすでに終了していたり、募集要項を見て履歴書を送ったのに「なしのつぶて」だったことは何度も経験しました(+_+)

「これだ!」と思って期待して応募したのにこんな対応をされると、連絡待ちや求人応募までに費やした時間、手間を返してほしいと思いますよね。。

本来は応募者全員に何らかの連絡を入れるのがマナーなのですが、連絡がない企業はブラック企業だと思ってあきらめた方がいいかもしれません。

このような無駄な時間や手間をなくすには、リアルタイムで募集している求人に素早く応募するのが確実です!

いま求人サイトでお仕事をお探しの方は、ぜひワークゲートを利用されてみてはいかがでしょうか?

↓ ワークゲートで求人を探してみる

スポンサーリンク