失業は自分を見つめ直すチャンス

鏡で自分を見つめる

まず本心からやりたいことは何かを知る

失業してもすぐに「応募→書類選考→面接」と段階を踏んでいける人もいれば、なかなか次へ進んでいけない人もいるかと思います。

厄介なのは自分は結局「何がやりたいのかわからない」という状況に陥ってしまった時です。

生活のためにやりたくない仕事を仕方なくやっていたという方も多いと思います。

職場の雰囲気が悪い所は、やりたくない仕事をしている人が多いということでもあります。

転職はしたいけれど他にスキルがない、興味のある仕事は現実的ではない、年齢的にも無理、正社員での募集がないとなってくると、ますます二の足を踏んでしまいます(+_+)

そして家族など周囲に急かされ精神的にも焦りが出てくると、とにかく自分でもできそうな仕事に手当たり次第に応募してしまうこともあるでしょう。

しかし、その状態で面接に行っても空振りに終わることがほとんどです。

たとえスキルや経験があったとしてもまず面接官が一番観ているのは「意欲が本物かどうか」だと思います。

やる気の有無はバレる!

もちろんその企業が求めるタイプに合致しないことが理由で不採用になることもありますが、意欲があるかないかは知らず知らずのうちに面接時の態度に表れてしまっているものです。

企業も慈善事業ではないので、とりあえず雇って下さい的な態度で面接に来た人より、経験がなくてもとにかくその仕事がやりたいという意欲に溢れた人の方を好みます。

私自身、求人内容の条件面のみを吟味しただけで挑んだ面接はほぼ全滅でした。

やはり本心からやりたいと思っていない仕事はなんとなく面接時の反応でバレてしまうようで今思えば不採用になるのは当然だったと思います(^^;)

どちらにしろ、不採用になった方が双方にとって良い結果になったとは思いますが…

仕事を早く決めたかったら慢性的に人手不足な業界の企業に応募すれば即採用になるケースもありますが、果たして本当にそれでずっとやっていけるかは疑問です。

短期契約ならまだしも、とりあえずお金を稼ぐためだけに働く仕事を選んでしまうと結局また以前と同じ不満を抱えるのは目に見えますよね(^^;)

あらためて自己分析をしてみる

新卒での就活時に学校で自己分析の指導を受けた方も多いと思いますが、この機会にもう一度見直すべきかもしれません。

ハローワークでも自己分析ができるガイドブックなどを配るところもあります。

まずはそもそもの離職(転職)理由を思い出し、次の企業に求めるものを明確化しましょう。

そのうえでこれまでの経験や自分の長所、成功・失敗談とそこで学んだもの、アピールできる材料や培った能力などを書き出していくだけで、自分のセールスポイントが見えてきます。

それらの中から自分に合う仕事に的が絞れてくるので、面接時のアピールにも自信が出ます。

しかし人によっては自分を過小評価しすぎてしまい、長所やアピール方法がわからなくなることもあります。

その場合は、ハローワークの職業相談や転職エージェントなどを利用して客観的に判断してもらうのもおすすめです(^^)

転職マニュアルでうまくいかない場合は?

しかしながらその時に希望の求人があるとは限りませんし、自分に合うと思って応募したはずなのに面接を受けている途中で違和感を感じ始める場合もあります。

違和感を感じるのは「進むべき道ではない」という心からのサインでもあるので、無理に入社しないほうがいいでしょうね。

自分がどんな職業に適しているかを診断できるテストもありますが、私はこの方法だけで自分の進む方向を決めることはあまり推奨しません。

自分が本心からやりたいと思ったことが仕事になるものだと思うからです。

もし転職マニュアル通りにやってもうまくいかないという方は、まず心の状態から変えていかないといけないかもしれません。

同じく仕事についての悩みを心理的な面から解消する「仕事・将来の悩みを軽くする方法」というサイトも作成していますので、よろしければこちらの方を参考にしてみてください!