転職前に必ずしも資格を取っておく必要はない

資格の勉強中

転職前にとりあえず資格を取るのは無駄!?

転職するために何か資格でも取ろうと考えているあなた、事前にその資格を取っておく必要はないかもしれないので、よく考えた方がいいかもしれません。

異業種に転職を考えたとき、職種によっては国家資格がなければ門前払いといったケースもあるかもしれませんが、何か資格さえ持っていれば転職に有利というわけでもありません。

求人によっては○○の資格必須となっているところもありますが、会社によってはあれば良しというだけで、必ずしも資格がなくても採用しているところもあります。

資格がなくても本当にその仕事にやる気とセンスがあれば採用されますし、必要なら入社後に資格取得の支援を会社から受けられる可能性も大いにあります。

新卒採用と違い即戦力を求められることの多い中途採用では、事前に何か資格や免許でも取っておかないと厳しいと思いがちです。

しかし実際は「転職するために資格を取りました」という人より、資格はなくてもある程度の実務経験がある人の方が即戦力になります。

つまり、実務経験のない人は資格を取ったからといって即採用されたり仕事を任されるわけではないということです。

たとえば誰にも身近な資格(免許)といえば、自動車運転免許があります。

私が以前勤めていた物流系の会社では、経験もないのに普通免許があるというだけでトラックドライバーを志望してくる者が多すぎると、社長がよく嘆いていました(^^;)

当時は就職難で、10~50代の人が毎日のように面接を受けに来ていましたが、「体が丈夫で、免許さえあれば誰でもできて収入もいい」という理由だけで来る人も多かったようです。

トラックも大型になればなるほど収入が良くなるので、「大型免許を取得してきたので大型に乗らせてほしい」と希望してくる人も中にはいました。

しかし、いくら大型免許を取ったからといっても未経験者は取っただけでは危なっかしいし、信用ができないので、大型には乗せないと言っていました。

つまり、転職前にいくら時間とお金をつぎ込んで資格や免許を取ったとしても、あまり意味がないかもしれないということです。

資格をたくさん持っていても意味はない

時々資格マニアというか、自分を良く見せるために何の関連性もない資格をズラズラと自慢げに履歴書に書き並べる人がいるみたいです(^^;)

しかしそれらは面接時の話題にはなるかもしれませんが、残念ながら直接採用に結びつく武器とはならないようです。

確かに資格がたくさんあれば「勉強熱心な人だな」くらいには思われるかもしれませんが、ただ取っただけでそれらを活かしていなければ意味がありません。

自分はこれだけ勉強していますといったアピールになるどころか、むしろ一貫性がなく結局、何がしたい人なのかわからないと思われる可能性が高いそうです(^^;)

志望する業界・企業でどんな資格があった方がいいかわからなければ、面接時に尋ねればその企業で取得を推奨している資格がわかります。

入社後に資格取得をバックアップしてくれる企業なら自分も助かりますし、先に資格を取っていなくても結果は後からついてくるものです(^^)

資格・免許より即戦力スキル

それでも入社前にとにかく何か技術的なスキルを身に付けておきたいというのであれば、現場ですぐに活躍できる「即戦力を養成するスクール」を探して通うことをおすすめします!

スクールによっては、実際に現場で活躍中の社員が講師をしているところもあります。

私自身もまったくの未経験からプロレベルのWEBを学べるスクールで勉強したおかげで、初めての業界・職種でもなんとか現場についていくことができました(^^)

私の場合、まずはケイコとマナブ.netで興味のあるスクールの資料請求をし、無料で体験できる一回完結・体験レッスンに行っていくつかのスクールの様子を見て決めました。

当時、社会人になってまたスクールに行くことになるなんて思いもしませんでしたが、自分であれこれ悩んでいるより思い切って行動してよかったと思っています。

最初は誰でも不安がつきものですが、無料で気軽にレッスンを体験できたり、志望する業界の動向や就職率なども直接カウンセラーから教えてもらえるので、不安は払しょくされますよ!

↓ケイコとマナブ.netの詳細はこちら