過去に勤務した会社の記録その2

物流会社のトラック

新卒で入社した会社に疲れ、他店舗への異動辞令を機に何も考えずに退職した私…

しばらくして失業保険も切れてしまい、焦ってとにかくバイトでもしようと決めたのが請負をメインとする会社でした。

そこは家族経営の物流会社で、わりとアットホームな感じで気は楽でした。

そして最初はただのバイトのつもりだったのですが、そのまま社員にしてもらいました。

しかし家族的すぎるのも考え物で不景気の中では有休を申請しにくい環境で残業代もなんだかうまくごまかされ、私の自家用車で毎日得意先まわりをさせられたり、お使いごともよく頼まれました。

営業が勝手にどんどん決める単発の仕事も多く、状況をよく把握していないと何がどう動いているのかさっぱりで毎日バタバタしていました。

それでもメインの仕事は比較的自分の自由がきいたので、なんとか続けられました。

しかしある日、東京から社長の娘さんが地元に戻ってくることになり、仕事が決まらないので娘さんもこの会社で働くことになりました。

さぞしっかりしているかと思いきや親の会社だからとばかりにやりたい放題、一般常識もなく周りを振り回し、円満だった人間関係は次第に崩壊していきました(+_+)

■業種
運輸・倉庫業(請負メイン)

■経過
求人情報誌→応募→面接→アルバイト採用→社員登用→請負が切れたのを機に退職

■雇用形態
アルバイト→正社員(中途入社)

■労働時間
・平日8時間、繁忙期12~15時間(午前様も…)

■休日
・隔週休2日制(交替制)
・GW / 夏季休暇 / 年末年始休暇
・ただし土日以外の祝日は出勤

■有給休暇
・就業規則にはあっても事実上なし
・権利はあってもとても申請できる雰囲気でなく、わずか1回しか利用できず

■昇給
・定期昇給なし
・給料日の社長との面談時に交渉する人はいた

■賞与
・年2回(年間で4~6万円)
・課長クラスでも10~20万円程度

■手当
・残業手当と称して8時間を超えたら時給が50円上がるのみ
・後に基準局からの指導で25%増しになったが、その分時給を勝手に引き下げられる…
・通勤費や家賃補助等は一切なし

■賃金形態
・時給制
・有休が使えなかったので、休んだらその分減給

■ノルマ
・家族経営なのでなし

■教育研修
・最初はなかったが、後に休日返上でやるようになった(無給)

■人事異動
・個人の希望や請負先の都合で変わることはあった

■リストラ
・あまりに使えない者は、いきなり解雇していた(明日から来なくていいよみたいな)

■社員旅行
・たまに(ほとんど気まぐれ)
・基本的に個人負担が大きいので、行きたい者だけ行く感じ

■退職金
・なし

■定着率
・特に若者が激しく入れ替わる
・常に募集 / 面接が行われていた

■利点
・自家用車でとはいえ、1日1回は仕事で外に出て息抜きできたこと
・立ち仕事で動き回るので、自然にダイエットできたこと

■欠点
・少人数の会社なので、とにかくいろんな業務を兼任させられた
・倉庫内は空調設備がなく真夏、真冬は地獄
・トラックの出入りによる粉塵もひどく、商品や手(爪)が真っ黒になった